krishnablueのメンバーについて

krishnablueのメンバーとの出会いについて思い出しながら書いてみる。

EBYさんとの出会いは1990年のEX-ANSのCDシングルのレコーディング。
このレコーディングには当初マニピュレーターとして参加予定だったのだが、ギタリストの脱退に伴い急遽ギターも弾く事になってしまった。
戸惑いながらもバンドのカラーを壊さないよう緊張してる時に、リラックスさせてくれてたのがディレクターとしてスタジオ入りしてたEBYさん。
その後このレーベル関係のイベントで対バンはしてたと思うが、一緒に演奏する機会はなかなか無く、初共演は9年前の私のバースデーイベントでのセッションかな。

G.L But!xxx / You
Director : EBY / Guitar, Manipulator : Yukino (1990)

八田さんとの出会いは、実は音楽関係じゃない仕事がきっかけ。
趣味がとても合いそうだったので、1989年に私が初めてボーカルをやったバンドの結成時に誘わせて貰った。このバンドはEX-ANSが忙しくなり自然消滅したのだが、それを母体として結成したdip-ashに1994年から再び参加してくれていた。
その後は一緒に演ることも、会うこともあまり無かったんだけど、2015年に弾き語りのライブにアコギで参加して貰い再会。

Lynx
Bass : 八田信有 / Vocal : Yukino (1989)

岸根さんとの出会いは曖昧で一番記憶が薄いけど…たしか1990年頃、EX-ANSのseiji氏に紹介して貰ったのが初対面。「Yukinoさんと趣味が合うよ」と紹介されたけど、お互い無口であまり話をした記憶がない。
岸根光ソロを母体にしたBLUMEというバンドに参加する事になったのが1996年。その後はZEUS MACHINA時代にS.O.L.と一緒に大阪ツアー行ったり、対バンはちょこちょこしてたと思うけど、2012年にAUTO-MODがベーシスト不在に陥った時に「オレ弾こうか?」と言ってくれたのは嬉しかったな。

Yukino+Showy
岸根光+Yukino (2015)

2015年に岸根さんとやった弾き語りライブ(上の写真)、そして翌2016年にやった岸根光+Yukino+EBYのセッションを経て、新しいバンドの構想がなんとなく出来上がっていった。
そこへ八田さんを誘って2017年に結成したのがkrishnablue。

今年は早くも結成4年目。
このご時世でなかなか思うように活動できないけど、
どんな形ででも、この4人で作品を作り続けたいと思う。

krishnablue全作サブスク解禁!

2021年3月27日(土) krishna blue 全アルバムを
主要サブスクリプションサービスにて配信&DL販売スタート!

■1st album “World’s End”
■2nd album ”Number Nine”
■3rd album “HIKARI”

■ARTISTS PAGE

[配信サービス]
Apple Music・Spotify・YouTube Music・LINE MUSIC・Amazon Music・iTunes Store・レコチョク・mora・KKBOX・RecMusic・dヒッツ・他

『HIKARI』リリースに向けて

リリース直前にして先行販売で入手した方も多いと思うので、各曲の解説…なんて立派な事は書けませんが、ちょこっとコメントを。

1. I’m scary

(words:岸根 光 / music:岸根 光)

個人的には80’sポジパンへの郷愁的なイメージの曲。
今回ギター録りと歌録りから、ミックス~マスタリングまで担ってくれたTANさん(gharr, Loco-Apes)がギターでゲスト参加。
後半で素敵なソロを弾いてくれてます。

2. 光

(words:岸根 光 / music:岸根 光)

タイトルナンバー。
この曲で判るように前作までと違ってドラムのタム類がかなり増えている。
今後はライブでのセッティングも賑やかになるのかもしれない?

3. bittersweet

(words:岸根 光 / music:Yukino)

何処か懐かしくMellowでPopな曲を…と作った曲にフレットレスベースを自由に入れて貰ったら、NW感も増してなかなか気持ち良い曲になりました。

4. white and withered

(words:岸根 光 / music:八田 信有)

八田さんの曲を弾く時は、空間系エフェクトだけじゃなく、コードボイシングにも一番拘って浮遊感や広がりを大切にしてます。
相変わらずE-BOWも使ってます。

5. dyed flower

(words:岸根 光 / music:八田 信有)

もしかしたらアルバム中で一番シンプルでストレートな曲なのかなぁ?
早くライブで演りたい曲の一つです。

6. 夕暮れ

(words:岸根 光 / music:EBY)

EBYさんの曲は前作同様、ドラムが目立つ曲ではありませんでした。
4AD系っぽい音像をイメージして録りました。

7. ghost

(words:岸根 光 / music:岸根 光)

これも早くライブでやりたい曲。
ライブでのギターはかなり自由に演れそうなので楽しみ。

8. dot the i’s and cross the t’s

(words:岸根 光 / music:岸根 光)

アルバム中ではやや異色なナンバー。
ノイジーなギターソロは岸根さんと自分とで左右に振ったり、色々ギミック的なミックスを施して貰ってる。

9. starry night

(words:岸根 光 / music:Yukino)

イントロのギターリフはバグパイプでやりたかったんだけど、普通にバンドアレンジに。
Jimmy PageのCIA(ケルト、インド、アラブ)じゃないけど、最近ケルトやインド音楽、異文化に対する憧憬が再燃してるのでこんな曲が出来たのかな…

10. 赤い部屋

(words:岸根 光 / music:岸根 光)

シンプルなアレンジにしたかったのと、全編に渡って岸根光ワールドなのもあって、この曲のギターは岸根さんのみ。
素敵な曲です。

11. cold winter

(words:岸根 光 / music:岸根 光)

この曲も前作までには無いタイプの曲。
ミニマルな進行の中でアンビエントなギターを乗せていく感じのスタイル。

12. 小さな手紙

(words:岸根 光 / music:岸根 光)

多めに録った素材をTANさんが要所にだけ上手く配置してミックスしてくれました。
ラストの余韻が気持ち良い。


■Yukino使用機材■
SCHCTER JAPAN N-ST / SCHECTER DAMIEN PLATINUM-6 FR S / ESP MA-250

HIKARI / krishnablue

Vocal,Guitar : 岸根光
Guitar : Yukino
Bass : 八田信有
Drums : EBY

Engineer : DevuRecording / Hiroshi Taniuchi(PLUS+FACTOR STUDIO)
Art Direction : Yoshito Iwashima(Into the blue)
Product Coordinate : Hiroyuki “HOLY” Horiuchi(HAUNTED HOUSE)


‣先行予約受付中
‣krishnablue公式サイト

krishnablue “HIKARI” trailer

■トレーラー映像第五弾
「ghost」


■トレーラー映像第四弾
「dyed flower」


■トレーラー映像第三弾
「夕暮れ」


■トレーラー映像第二弾
「光」


■トレーラー映像第一弾
「dot the i’s and cross the t’s」


krishnablue 3rdアルバム『HIKARI』
2021.3.24リリース
全12曲収録フルアルバム
¥3,000(税抜)
HAUNTED HOUSE (HH-023)

[収録曲]
01.I’m scary
02. 光
03. bittersweet
04. white and withered
05. dyed flower
06. 夕暮れ
07. ghost
08. dot the i’s and cross the t’s
09. starry night
10. 赤い部屋
11. cold winter
12.小さな手紙

‣先行予約受付中
‣krishnablue公式サイト